新聞奨学金制度「朝日奨学会 首都圏版」

  • 資料請求
  • WEBエントリー

現役奨学生の生活

矢野 大河さん

矢野 大河さん

画像クリックで拡大

奨学生 奨学制度を利用するきっかけは?

奨学制度が、自分を変えるきっかけになりました。

高校の廊下に貼ってあったポスターをたまたま見つけて奨学制度を知り、興味を持ちました。お金の面ももちろんありますが、内向的だった自分を変えたくてチャレンジしたという理由もありました。そして新聞配達の仕事をすることで社会経験を早く積むことができ、それがキャリア(人生)に繋がると思いました。奨学制度は、自分の行きたい大学や学校に通いながら仕事の経験ができるというメリットの他、様々な出会いがあることも素晴らしいと思います。いろんな人たちに出会えて、新しい価値観や、様々な人生経験を学ぶことができます。

時間 奨学生になってどんなところに違いを感じますか?

普通の学生と比べて、一日の時間を有効に使っている。

奨学生になってから時間の使い方が上手くなったと感じています。友達と話していると、自分の方が一日の時間を有効に使っていると感じます。寝る前に翌日のスケジュールを書いて、それに沿って行動しています。高校とは違って毎時間に授業があるわけではないので、空き時間などを無駄にしないようにするためです。高校と大学とでは授業のレベルや質が違うので、勉強と仕事の両立が難しいところではありますが、学校の課題などは授業後か朝刊配達後にするようにしています。また、家事と勉強の両立も、時間を有効に使わないとできないこともわかりました。学ぶことが多いです。

キッチン、トイレ、シャワーは共同になっています。家事は実際に自分でやってみると、何も知らなかったことに気づき、いかに親の存在が大きかったかを実感しました。

自分で家事もすべてできるようなりました。

朝御飯を食べながら洗濯をしたり、時間を有効に使って家事をするようにしています。部屋はクローゼットがあり、服はかなり収納できます。コロナの影響で大学には特定の日しか入れないので授業はほとんどオンライン。1日の大半の時間を部屋で過ごしています。

休日は奨学生の仲間と

大学に通学できないので学校の友達はあまりできていないのですが、同じ奨学生の仲間と食事をする時などに、情報共有をしています。また、近所を歩いたり音楽を聴いてリラックスしています。寮の周りの環境は良く、飲食店もたくさんあります。

新聞配達は人生経験を得ることができ、人生を豊かにすることができる仕事。

仕事 仕事は大変ですか?
将来 将来の目標は何ですか?

仕事を通して、もっと人と話したいと思うようになりました。

新聞配達を始めてからは週間天気を気にかけることが多くなりました。特に梅雨の時期はしんどいですが、お客様に「いつもありがとうね。」などと声をかけてもらえると嬉しいです。また、今までは黙々とこなすような仕事しかしたことがなかったのですが、集金の仕事でいろいろな人と接するうちに、もっと人と話したいと思うようになりました。コロナ渦の環境で、働けるところがあると言うことだけでも幸せだと思っています。また、睡眠は最低5時間は睡眠を取るように心がけています。そうしないと朝がしんどいので(笑)。

奨学生になってから将来やりたいこと、学びたいことがすごく増えました。

海外からの留学生や先輩と接しているうちに自分の視野も広がり、もっと勉強したい、色々なことにチャレンジしてみたいと思うようになりました。やりたいことがたくさんあるので、今はまだ将来何をするのかは具体的には決まっていませんが、海外に語学留学をしたり、いろいろな会社でインターンシップを経験したいと思っています。また、環境設備の仕事も興味があるし、母への恩返しもしたい。この仕事を通していろんな人たちに出会ったことで、新しい価値観を得ることができ、将来の目標も広がりました。

矢野 大河さんの1日

髙橋 夢那さん

髙橋 夢那さん

画像クリックで拡大

奨学生 どこで奨学制度のことを知りましたか?

高校の先生の紹介で朝日奨学制度を知りました。

奨学制度のことを知ったのは、通っていた学校の先生からのアドバイスでした。朝日奨学制度を利用したら東京にある総合学園ヒューマンアカデミー新宿校で学ぶことができるよと教えてもらい、すごく良い条件だなと思って決めました。一番の決め手は「家賃が無料」だというところです。東京に住んでみたいと思っていたけど、家賃が高くて私には払えないと思っていたので、家賃無料で、さらにお給料をもらいながら学校に通えるという条件はとてもありがたかったです。

不安 奨学生生活を始める時不安だったことは?

最初の1ヵ月はとてもしんどかった。いつも眠かったです。

一番不安だったのは、朝夕刊配達して、さらに学業が両立出来るのかというところでした。今は睡眠を二回に分ける生活をしています。最初の頃はこの生活スタイルに慣れず、授業中に眠くなってしまうことがありました。でも1ヵ月くらいで慣れることができました。最初は大変そうだという不安はあったけど、普通のアルバイトをするよりも体力が何倍も付き、早寝早起きの習慣も付いたので良かったと思います。東京へ行くことや一人暮らしをすることには不安はありませんでした。東京の生活を楽しみにしていたし、とても充実した毎日を送っています。

部屋の間取り

ASAから徒歩20分くらいの住宅街にあります。少し奥まっている場所にあるアパートなので静かで過ごしやすいです。夜中に家を出ますが、24時間営業のお店なども多く、怖いと思ったことはないです。

休日は家で過ごすことも多い

休日は溜まったアニメを見たり、アプリゲームをしてそのまま寝るのが幸せです。リラックスタイムはベットの上でこの趣味を満喫している時です。自分のリズムで生活できるのが一人暮らしの良いところだと思います。

住み心地は良いです

1階なので少し不安だという点はありますが、住み心地は良いですよ。入居前、ワンルームの洋室だということだけ聞いていましたが、実際見た時は、思ったより綺麗だったので安心したことを覚えています。私の場合あまり物がないので、備え付けのクローゼットと引越しの時のダンボールに荷物を入れています。

東京での生活は、毎日刺激がもらえてとても楽しいです。

仕事 仕事はすぐに覚えることができましたか?
生活 生活面で工夫していることは?

初めの頃は配達する家を覚えるのが難しいと思いました。

3月に赴任し、コロナの影響で学校が6月から始まったので、仕事は余裕を持って覚えることができました。高校生の頃からコンビニエンスストアやカラオケ店などでアルバイトをしてきましたが、上司との相性が合わず、に止めることが多かったので、今回の仕事も続けられなかったらどうしようと言う不安が正直ありました。しかし、ASAの方はとても話しやすく、仕事も丁寧に教えてくれました。継続して仕事ができなかった私が、新聞配達の仕事をこんなに長く続けられていることに自分自身でも驚いているくらいです(笑)。黙々と仕事ができるところも私に合っているのだろうと思っています。

学校と仕事の両立のための睡眠時間の確保。

最初の頃は、夕刊の配達が終わった後に、寝ないで学校の授業を受けるという生活に慣れずに大変でした。今は、配達が終わり次第、寝られる時はすぐに寝て、家事などは学校がない日やお休みの日を利用するなど、生活リズムを整えるための工夫ができるようになりました。学校の課題があるときは、学校に行く前のちょっとした合間の時間などを活用しています。今は余裕も出てきて、学校帰りに友達とご飯を食べに行ったり、休日に遊びに行ったりすることもできるようになりました。最初の頃は学業と仕事の両立がうまくいかずに落ち込むこともありましたが、最近は両立することが当たり前になってきました。

髙橋 夢那さんの1日

資料のご請求はこちら 資料のご請求はこちら 資料のダウンロードはこちら 資料のダウンロードはこちら 説明会スケジュールはこちら 説明会スケジュールはこちら