HOME > 奨学生の生活 > 業務内容
業務内容
奨学生の仕事の舞台となるASA。実際にどんな業務があるのか、詳しくご紹介します。
朝夕刊の配達 1)荷卸し 2)振り分け作業

販売所に新聞が到着。朝刊は午前2時半、夕刊は
午後3時頃に届くことが多いので、その時間に
間に合うよう出勤します。

自分が受け持つエリアの部数分を振り分けます。
奨学生ひとりが受けもつ平均的な配達件数は
300件前後です。

3)チラシ広告の折り込み 4)雨天対策

あらかじめセットされたチラシ広告をひとつずつ
新聞に折り込みます。チラシ広告は朝刊が多く、
夕刊はほとんどありません。

雨が降っていたり降りそうな日は、専用の機械で
新聞をひとつずつビニールに封入します。要望が
あったお客さまには、天候に関係なくビニールに
入れて配達します。

5)積み込み・配達

準備が終わったら新聞を積み込みます。
配達ルートが書かれた順路帳を確認し、配達スタート。
平均的な配達時間は2時間半から3時間です。

【集金】Aコースのみ

受け持ちエリアの購読者のお宅を訪ね、購読料を
集金します。月末月初の週末に集中的に行い、残りは
あいた時間を利用します。

付帯業務

・PR宣伝物や試読紙などを配布します。
・読者増減表や配達順路帳の記入、電話当番、その他若干の付帯業務があります。

※入店までに原付免許を取得してください。 ※セールスの強制はありません。
※業務時間、業務内容などは地域、ASA、コース、天候などによって異なります(ASA以外のアルバイトは禁止)

慣れたら難しい仕事ではないので、安心してください。市川竜帆さん

自分の大好きな音楽に携われる仕事がしたくて、将来はレコーディングエンジニアになることを目指しています。早起きや原付の運転、チラシ広告の折り込みなど、最初のころは慣れないことが多く苦労もしましたが、1カ月もたてば慣れました。はじめてで不安だったひとり暮らしも、事前にアドバイザーさんと話すことでイメージが掴めたので、安心しましたね。同じ販売所で働く人たちも皆さん優しくしてくれますし、地域の方と触れ合えることも嬉しいです。つらいなと思うことがあっても、叶えたい夢のためだと思うと頑張れます。

※奨学生の経歴は2018年1月現在のものです。
動画でチェック!業務についての説明