先輩に聞こう VOL.8 途中であきらめていたら、今の自分はなかったと思います。 蔵野悠平さんプロフィール
氏名 蔵野悠平(くらの ゆうへい)
生年月日 1989年9月8日
出身ASA ASA小石川(東京都文京区)
通学校名 日本大学経済学部4年
出身県 山梨県(2011年7月現在)
最初の3ヵ月が大変でした…
■蔵野さんは山梨県出身とのことですが、東京で新聞奨学生をしようと思ったきっかけを教えていただけますか?

蔵野(以下 蔵):両親が朝日新聞の販売所で働いていて、そこの所長さんからこういう制度があるということを教えてもらったのがきっかけです。

■ご両親から新聞配達の話は聞いていたとは思いますが、最初はかなり不安だったのではないですか?

:そうですね、かなり不安でした。野球を10年間やっていましたので、根性には自信がありましたが・・・。でも担当のアドバイザーさんが本当に良い方で、いろいろ細かい話まで教えてもらいました。不安がなくなった訳ではありませんでしたが、“覚悟ができた”という感じでしたね。

■実際、奨学生を始めてみてどうでしたか?

:高校卒業後の3月中旬に上京しましたが、最初の1~3カ月は本当につらかったですね。朝は早いし、雨の日は特に大変でした。お客さんに怒られたこともありますし。また4月になると学校が始まるので、仕事と学校の両立がさらに大変でした。

■どうやって乗り越えられたのですか?

:“自分で決めたことなのだから、4年間頑張ろう”と自分に言い聞かせました。あとは友達に相談したりしました。新聞奨学生をしている人って周りに自分が新聞奨学生だとなかなか言えなかったりすると思うのですけど、僕はあえて言うようにしていました。気を遣われて遊びに誘ってもらえなくなるのではないかとも思いましたが、そんなことは全くなかったし、逆にいろいろ助けてもらいました。

■3カ月を過ぎると仕事も学校にもかなり慣れてくるとは思いますが、その後も大変なことはありましたか?

:僕はサークルに参加していたのですが、2年の秋にサークルの代表を先輩から任されました。でも新聞奨学生は自由になる時間が限られるため、サークルの運営で仲間に迷惑をかけてしまい、このままで良いのかその時はかなり悩みましたね。でも、ここでも仲間に助けてもらいました。あと、大学は空き時間がけっこうあるので、そこを有効活用するようにして、代表としての責任を果たせるように努力しました。

お客様の家に招待されることもあります。
■普通の大学生では経験しないような葛藤があったのですね。
では逆に奨学生をして良かったと思えることは何かありましたか?

:大学でかけがえのない仲間ができた、ということですかね。そして人間的に成長できているのかな、って思います。
今は就職活動中ですが、他の4年生に比べて早めに社会を経験しているのは大きいと思います。あとはお客様とコミュケーションを取れるようになって信頼関係が築けたりするのは良い経験ですね。お客様の家に食事に招待される、なんてこともあるんですよ。我が子のようにかわいがってもらっています(笑)。

■毎日夕刊の配達があると思いますが、大学の授業はどのように履修していますか?

:夕刊の時間にかからないように授業を選択しますが、必修でどうしても取らなければならない授業がある時は、大学の学生課に相談して別のクラスの同じ授業を受けることができるようにお願いしています。今のところ、卒業に支障がない程度にちゃんと単位は取れています。

■休みの日はどうやって過ごしていますか?

:大学の友達と飲みに行くことが多いですね。あとは草野球をやったりしています。お店の従業員の方とはプライベートな付き合いはないですが、仕事を手伝ってもらうこともありますし、良くしてもらってますね。

自信を持って自分をアピールできます!
■先ほども少し話に出ましたが、今は就職活動中とのことですね。奨学生の経験は役に立ちましたか?

:はい、役に立ちました。面接では自信を持って自分をアピールすることができています。面接官の方も新聞奨学生の話に好感を持ってくれますし、奨学生をやっていた、というのは強いと思います。

■どんな職種を希望しているのですか?

蔵: 自分は人の幸せとか健康とかにつながるような仕事をしたいと思っているので、今は製薬会社と食品会社の営業を希望しています。まだ具体的なことはわからないですが、奨学生での経験を活かせたらと思っています。既に内定も1つ出ているのですが、もう少し就職活動は続けようと思っています。

■もうひと踏ん張りですね。最後ですが、現在、奨学生を検討している後輩たちにアドバイスはありますか?

: 新聞奨学生は大変だとは思いますが、継続することで自分の成長につながっていくのであきらめないで欲しいです。
つらかった時にやめてしまっていたら、今の自分はなかったと思いますから。あと、自分は仲間に支えてもらうことが多かったので、周りに理解してもらうためにも自分の苦労や努力を自慢しないというのは大切だと思います。心のどこかで、自分は偉いんじゃないかって思ってしまいがちですけど(笑)、そこは気を付けてますね。
あとはプライベートとのメリハリをつけることも大事ですね。そうすることで自分は楽しくやれていると思います。

■今日はありがとうございました。卒業まで頑張ってください!
一覧へ