先輩に聞こう VOL.3 女の子だって大丈夫!現役女子大生が奨学生生活を語ります。 蕪木多実さんプロフィール
氏名 蕪木 多実(かぶらき たみ)
生年月日 1983年9月28日
出身ASA ASA青戸(東京都葛飾区)
通学校名 大正大学文学部表現文化学科4年在学中
出身県 新潟県(2007年9月1日現在)
不安はありませんでした
■はじめに、なぜ新聞奨学制度を使って進学しようと思ったのか教えてください。

蕪木(以下 蕪):私は高校を卒業してすぐに大学に入ったのではなくて、卒業後2年間地元に残っていたんです。実家が飲食店をしていたのでそこを手伝ったり、他でも働いたりして。それで、そんなことをしているうちに、「また勉強したいなあ」という気になってきて、東京の大学に進学することを決めたんです。地元にいるときも仕事はしていて、ある程度は貯金もあったので、「ここでがんばれば4年間の学費を全部出せるかもしれない」と思って、朝日奨学生になることを決めました。

■それで、朝日に決めた理由は?

:実は父が飲食店の経営のほかに新聞配達のアルバイトもしていたんです。それでそこの販売所の所長さんに、今の販売所の所長さんを紹介してもらいました。あと、新潟県のアドバイザーさんにもお世話になりました。上京する前はアルバイトをしていて忙しかったんですけど、わざわざアルバイト先まで来て説明してくれました。

■女性で新聞配達をすることに不安はありましたか?

:まったくないわけじゃなかったですけど、それまでもいろいろなアルバイトをしていましたし、
それほど不安はありませんでした。

配達は団地の階段が結構大変でした
■実際に上京してからはどうでした?

:はじめは公団が多い地区の担当になりました。一戸建てが多い地区よりは配達場所を覚えるのが楽でしたけど、階段の上り下りがあったので、そこは大変でしたね。あと、配達は自転車だったんですが、新聞をたくさん積んで乗ることなんて、 それまでやったことがなかったので、それも大変でした。土曜日の朝刊の折込チラシがすごく多いんですよ!
でも、これがお店の収入になって、ひいては私たちのお給料になるんだから、「ありがたいなあ」って思うようにしていました(笑)

■両立するにあたっての苦労はありましたか?

:やっぱり時間のやりくりが大変でしたね。学校は3限が終わったらすぐに帰らないと夕刊の配達に間に合わないし…。
どうしても4限以降の授業が取りたいときは、そこを休みにして受けていました。でも、確かに大変でしたけど、授業は結構出ていましたし、単位もちゃんと取りましたよ。あと4単位で卒業できます。結構優秀ですよね!?(笑)

夏が過ぎれば大丈夫!
■奨学生生活で大変だったことの具体的なエピソードがあれば教えてください。

:台風のときだったんですけど、マンションの下に自転車を止めて、配達して帰ってきたら、カゴに入れていた新聞が風に飛ばされていました。マンションのはるか上まで飛んでいってしまって・・・・・・。
「ああ~っ」って感じで見送りました(笑)それと、睡眠時間が取りづらいので、朝刊配達後、少しでも時間があれば仮眠を取るようにしていました。学校生活ではサークル活動などは難しかったですけど、クラスには仲のいい友達ができましたよ。奨学生やっていて授業のあとすぐ帰るから、学校で独りぼっちになるということはありませんから心配しなくても大丈夫です。

■そんな大変なことばかりだと続けるのもよほどの信念がないと厳しいですかね。

:でも、つらかったのははじめの半年ぐらいで、夏を乗り越えられれば大丈夫です。
ASAの後輩たちにも「夏までがんばれ!」っていつも言っています。

就職活動もバッチリできました
■では、よかったことや楽しかったことはありますか?

:ASAの所長さんがすごく良くしてくれました。食事をごちそうしてくれたりももちろん、就職活動の時期にはいろいろな会社を紹介してくれたりですとか、本当にお世話になりました。あと、読者の方々にもとてもかわいがっていただきました。私は集金業務はしていなかったのですが、配達中にジュースをいただいたりしていました。

■では就職先も決まっているんですね?

:はい。結局自分で探した会社に決めましたけど、ちゃんと内定をいただきました。人材派遣の会社です。6月には決まっていたので、他の大学生と同じぐらいだと思いますよ。昼間は業務がないので、就職活動も問題なくできました。

■それでは最後にこれから奨学生を目指す後輩にメッセージをお願いします。

:何事もはじめてのときは不安もあるし、勇気もいると思います。けれど、この朝日奨学制度は自分でやる気になれば、お金の面も含めてすべて自分でまかなえるようになります。この制度を利用して学校に通えたことは、とてもいい経験になりましたし、私の中ですごく自信になりました。今は「これからどんなつらいことがあってもがんばれる!」と思っています。決して楽な道ではありませんが、得るものもとても大きいですので、みなさんもぜひチャレンジしてみてください。

一覧へ