先輩に聞こう VOL.1 新社会人の先輩が語る、充実の学生生活。(1/3)
元田肇さんプロフィール
氏名 林 知聡(はやし ちさと)
生年月日 1984年8月16日
出身ASA ASA吉祥寺
出身県 群馬県
経歴 東京女子大学文理学部心理学科卒業
2007年大手マスコミに入社
小林 健太朗さんプロフィール
氏名 小林 健太朗(こばやし けんたろう)
生年月日 1980年4月25日
出身ASA ASA田中朝陽社
出身県 埼玉県
経歴 神戸大学文学部西洋史学科卒業
神戸大学大学院西洋史専攻修了
2007年大手マスコミに入社
働きながら勉強できる制度があるなんて…
■社会人になって2ヶ月。忙しい日が続いていると思います。仕事には慣れましたか?

小林(以下 小):研修が盛りだくさんで、なんか毎日が目まぐるしくて
:ホントに(笑)

■奨学生生活と比べると、どっちが大変?

:ちゃんと休んでいるので、今のほうが楽かな…朝刊配達もないし、集金もないから。
:オレも(笑)

■ははは、なかなか充実した新生活のようですね。ところで、二人はどうして奨学生になったんですか?

:私は西洋史の勉強がしたかったのと、関西の大学へ行きたかったんです。でも、学費とかあまり親に頼るわけにもいかなくて…
:私はもともと高校を卒業してすぐに働くつもりでした。経済的なこともありましたし。
でも、就職が決まらなくて…困って先生に進路を相談したら、「進学してみたら?」と言われたんです。そんな余裕なんか無いから相談したのに(笑) びっくりしてたら、「働きながら勉強できる奨学制度があるんだぞ」と言われて。
:私は浪人しちゃって。それで、経済的なこともあって予備校にも行かず、家で勉強してたんです。
そしたら、ある日父が「こんなのがあるぞ」って朝日奨学会の説明会のチラシをくれて。うちは朝日新聞読んでなかったのに(笑)

■それで、説明会へ行ったと?

:はい、埼玉県のアドバイザーさんと連絡をとって、関西の大学を志望してることを話しました。
そうしたら、色々と相談に乗ってくれて。あのときは、なんか進学で一番不安だった学費の心配がいらないんだって、ものすごく安心したな、うん。
:私の場合、朝日奨学会をすすめてくれた先生が、実は朝日奨学会の出身だったんです。

■えーっ、それ、ホントの話?

:はい(笑)それで、先生が色々と連絡をとってくださって。そういえば、これも偶然というか、後日、私が採用されたASAも先生がいたところと同じASA だったんですよ。

■それはスゴイ偶然というか…不思議なめぐり合わせですね。でも、二人ともそれまでは奨学生制度は知らなかった?

:はい、全く知りませんでした!!(笑)

■そうですか…もっともっとみなさんにPRする必要がありそうですね。
次のページ